「なりたい姿」に向かって変えていく「改革志向」の意見満載

「改革志向」とは

 
  2021/01/31

「なりたい姿」に向かって根本的に変えようという志が、「改革志向」

 

全記事の紹介(サイトマップ)

改革志向とは、どんなこと?

「改革志向」という言葉は、辞書に記載されるような確立した言葉ではありません。「改革」「志向」とを組み合わせた言葉です。「改革志向」を理解するには、「改革」を理解する必要があります。

私は、「改革」とは、「なりたい姿」に向かって現状を変えていくチェンジと考えています。現状からスタートして、変えていく「改善」=ストレッチと異なり、「やり方」を変えることです。改善で満足せず、常に改革しようとすることを「改革志向」だと思います。

Wikipediaによれば、「改革」や「改善」について、以下のようにあります。

改革:「ある対象を改め、変化させること。革命と異なり、現時点での基本的な体制を保ちつつ、内部に変化を作ること」

改善:「誤りや欠陥、ミスを是正し、より良い状態にする事、行為」

改革も改善も「変化させること」ことと説明されています。改革と改善の差は、変化の大きさの違いと解釈できます。しかし、これだけでは、改革と改善の違いを十分説明できていません。私は、対象を変化させる「やり方」の差、「目標設定」の考え方の差であると考えます。

「改革」とは、「なりたい姿」に向かって、現状の「やり方」を変化させること

だと思っています。

 「改革」と「改善」の違い

「改革」と「改善」の違いは、「やり方」を変えるかどうか

かつて、蒸気機関車でも、時速200Kmを実現することは可能と考えられていました。(戦前の「あじあ号」は、最高速度130Kmで走行)しかし、蒸気機関車をどんなに「改善」しても、煙を出さない蒸気機関車は出来ません。低燃費で走ることは、難しそうです。将来、低燃費で高速走行するには、電車の方が可能性を持っています。だから、電車に変える「改革」が行われました。「やり方」を変えるのが「改革」です。

蒸気機関車に改良を加えて高速化することも、電車への「改革」後に時速300Kmを実現することも「改善」です。「改革」は、あくまでも「やり方」の変更のことだと考えています。

改革と改善のイメージ図

Reform and improvement

「改革」と「改善」は、目標のたて方が違う

改革と改善の違いは、目標の高さではなく、目標のたて方の差でもあります。

「時速130Kmが実現しているから、目標は時速200Km」

とするのが、改善目標

「東京から大阪まで3時間で行くために、目標は時速200Km」

これが、改革目標です。つまり、「なりたい姿」から目標をたてるのが、「改革」です。

ものすごく高い目標をたてて、実現するには従来の「やり方」では不可能。だから、「やり方」を変える「改革」が必要という例もあります。ものすごく高い目標も、一種の「なりたい姿」です。

続きを読む



スポンサーリンク

固定ページ: 1 2

Copyright© 改革志向のおっさんブログ , 2020 All Rights Reserved.